すぐそこに自動販売機がある便利な立地

自動販売機と言えば都会から片田舎まで設置されていないところがないぐらいに多く行き渡っているという印象があります。
種類も豊富で世界的にも有名であり清涼飲料からラーメンにおでん、お米や切手やタバコに週刊誌、学生用の問題集や傘まで販売されています
外国でこれぐらい数多く設置されると壊されたり持ち去られたりすると言われその点でも驚かれているようです。
2000年代に入ってからは硬貨やカードの偽造が増えて来たために識別機の性能強化が図られて来ているようではあります。

パジャマで買いに行ける距離(笑)

都会においてはコンビニまで足を運ばなくても済む絶妙な距離に自動販売機があると重宝します
特に夜間など身近な距離にこれがあれば助かる場合も多くあり例えば百均ショップのように電池が切れても即座にこれを補充できることになります。
従ってパジャマ着のままで行けるということでトイレ感覚で用事が足せるようになります。
身近な例としては鉄道駅を利用することも多いものですが、一旦電車や列車に乗車してしまえばしばらくは購入できないようになります。列車内の設置例があり、駅へ着くまで辛抱できないわけではありませんがスポーツの練習を終えた後とかにはこれが必要とされる場合があるのかと推測できます。
深夜に自炊の用意が出来ていない場合は自動販売機が多く設置されていると、ここで好きな食材を選んで持ち帰ることができ重宝するものです。
深夜に必要になるものとしては避妊具が考えられますが、これが需要が多いものなのかどうかは調査してみないと分からず命令が出ると調べるしかないかもしれません。

会社で自動販売機の設置について調査命令

会社で自動販売機の設置についての調査命令が出た場合には、あと設置するにはどのようなところが残されていて、どういう種類の自動販売機が適切かというのがテーマになりこれらを調べることになります。
効果的な立地としては単純に人通りが多いところが良いというわけではなくこれも条件に入りますがある一定の法則があることが知られています。
人が一旦立ち止まるところとか目立つ場所、あるいは大切なことですが競合するものが設置されていないということがあげられています。
自宅近辺、あるいは会社近辺でも信号機やバス停などがあれば一旦立ち止まるところですから設置できる可能性があります。
交差点のある場所はここも目立つ場所でもありここに設置すると購入される割合が高くなります。
スーパーとかコンビニにはこれが備わっていることが多いために、これらの店舗から離れた位置ならそこに設置されると利用者が増えると推測できます。
サイトにおいてはヒントになるページが見つかったり、画像検索することで多くの情報を得ることが出来ます。


今回、いろいろ調べたサイトはこちら
自動販売機設置.jp様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です